読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170308

勉強に身が入らないので書いてみる。

身が入らなくても、何時間か続けて勉強する技術を公務員試験勉強中に会得しているので、一応勉強してはいる。根性。一説には、この技術の所為でさゆ猫さんの頭髪は失われたという。

 

ずっと微妙なサイズの窓に掛けるカーテンのことを気にしている。角部屋なのだ。

カーテンや布をあのサイズにカット?ブラインドを探す?ダンボールで塞いじゃう?……1つ悩み事があると何かに集中することができなくなる。昔は集中を優先して、他のことを一切忘れるタイプの脳味噌だった(中学の頃、教師には病気とまで言われた。そこまで言う?拡散するぞ)けど、それではマズいと判断したらしく、気づいたら仕様が変わっていた。因みに2つあるとお腹が痛くなり、3つ以上あると留年する。

 

ところで、さゆ猫が住む1Fのベランダには猫が来るらしい。

元住民が物件を紹介するサイトで読んだ。邂逅を楽しみに待つ、なんて表現はアリだろうか。猫にあまり興味はないとTwitterに書いたけど、犬か猫かと訊かれたら猫と答える。動物に好かれる人間なので(善人なのだ)、犬が相手だと必要以上のスキンシップを求められて困る。舐めるのだけはやめてほしい。猫はあまり舐めない?

ヒトラーは犬好きで、あの人格者は猫好きだった」的な話が脳裏を掠める。忠誠心?年下にタメ口をキかれても何も感じないが年上に少しでも上から目線で話をされると激怒するという先輩Mさんは猫好きだろうか。

 

どうでもいい。

そもそも、犬と猫とを対立させて満足している連中の精神的貧しさを憐れまなくてはならない。すべての動物の完成地点で、我々を辛抱強く待ってくれているアザラシの存在に、一体どれだけの人が気づいているだろうか。

 

広告を非表示にする