読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170302

あまり進まない英語の課題。

 

今日は引越し業者の人とコミュニケーションをとった。

さゆ猫さんの荷物の量を彼は「“極端に”少ない」と評価する。極端に少ないので安く済む、という流れで出てきたフレーズだが、面と向かって言われると何か非難されているのではと裏を読もうとしてしまう。くだらないエネルギーの使い方をやめたい。レシーブも暴力的に。

 

ヴィトゲンシュタインbot をメインのリストに追加。おすすめ。

哲学系のbotほど暴力的なものは無い。哲学者という人種自体、読者に非協力的(哲学の要請と考えれば仕方ないのだが)なところを、前後の文脈を切り取られた形で彼 / 彼女らの言葉がわれわれの日常に侵入してくるのだ。どうにでも解釈できるポテンシャルが上がっているがゆえに、より暴力的な文章群。

当のbotは彼が遺した哲学書からの引用ではなく、そもそも刊行するつもりのなかった手記の内容(1914~1951のもの, 『反哲学的断章』)を流しているようなので、ある意味で誠実な付き合い方(?)ができるbotである。

 

 

 

 

広告を非表示にする