170302

あまり進まない英語の課題。

 

今日は引越し業者の人とコミュニケーションをとった。

さゆ猫さんの荷物の量を彼は「“極端に”少ない」と評価する。極端に少ないので安く済む、という流れで出てきたフレーズだが、面と向かって言われると何か非難されているのではと裏を読もうとしてしまう。くだらないエネルギーの使い方をやめたい。レシーブも暴力的に。

 

ヴィトゲンシュタインbot をメインのリストに追加。おすすめ。

哲学系のbotほど暴力的なものは無い。哲学者という人種自体、読者に非協力的(哲学の要請と考えれば仕方ないのだが)なところを、前後の文脈を切り取られた形で彼 / 彼女らの言葉がわれわれの日常に侵入してくるのだ。どうにでも解釈できるポテンシャルが上がっているがゆえに、より暴力的な文章群。

当のbotは彼が遺した哲学書からの引用ではなく、そもそも刊行するつもりのなかった手記の内容(1914~1951のもの, 『反哲学的断章』)を流しているようなので、ある意味で誠実な付き合い方(?)ができるbotである。

 

 

 

 

170301

ブログタイトル、付けられないまま開設。

新生活の記録と反省のために。

形式には拘らないし、特に推敲もしない。時間は大切にしたい。でも気が向いたら手の込んだものも書くかも知れない。

 

就職は予想だにしなかったIT系、予想だにしなかった東京。

就職活動を終える直前まで地元に拘る姿勢を見せていたけど、結局東京でもいいや、となった。ここ数年で自分が変化を恐れない人種に変わりつつあることは確か。よく考えていないだけか。しかし、一貫性の無さに恥じ入るでもない。いつも考え過ぎてきたので、多少雑に事を進めてもよい、と心積もりを持つ方向に自分の成長がある気がする。今年の目標は「暴力的になること」だ。

 

この短さでも平気で筆を置く。なんて暴力的。